読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モータリゼーションと自動車雑誌の研究・番外編

『モータリゼーションと自動車雑誌の研究』番外編(3)/オートテクニックを中心に

『オーテク』の創刊号はいろいろ読みどころがあります。当然、雑誌の性格上、記事はモータースポーツ関連がほとんどなのですが、その中で異色ともいえるのが工学博士である平尾収氏の「自動車の現在と未来」です。 (平尾氏については「日本自動車殿堂のHPに…

『モータリゼーションと自動車雑誌の研究』番外編(2)/オートテクニックを中心に

オートテクニック(以下:オーテク)の創刊は1969年。10月10日の日本グランプリを直前に控えての創刊です。いきなり話が横道にそれますが、私はこの年の日本グランプリを観戦しています。まだ物心がつくかつかないかの3歳でした。それでもツーリングカーレー…

『モータリゼーションと自動車雑誌の研究』番外編(1)/オートテクニックを中心に

日本のモータースポーツ専門誌のはじまりは、三栄書房の『モーターファン』の臨時増刊から派生した『オートスポーツ』ですが、創刊責任者となった星島浩さんは周囲から「やるならお前が責任者だという感じ(本人談)」だったそうで、あまり良い言い方ではあ…