読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニプラス誌取材など

今度書く原稿の参考のために『三億円事件(一橋文哉・新潮社)』を読了したが、この本の内容が本当だとすると、当時の警察の捜査の杜撰さに唖然とする。それに米軍基地という不可侵の領域が関わっていたというのも、なるほどと感じるのに十分だった。

午後からはミニプラスの取材。中野の「車工房リキ」でミニをアライメントテスターにかけた。増田代表の解説も、「目からうろこ」という部分もあり興味深かった。内容は次号の「ミニプラス」で確認してください。