読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォード・エスコートMK1など

今、『バイシクル21』の原稿を一本入稿しました。

写真は2000年のレースオブチャンピオンズのレジェンズクラスで使用されたフォードエスコートマーク1。手元のプログラムをひっくり返してみると、ドライバーはマッシモ・ビアシオン、スティグ・ブロンクビスト、パー・エクルンド、ハンヌ・ミッコラ、ティモ・サロネン、ビヨン・ワルデガルドだった。

なぜかリザルトが見あたらないので、誰が勝ったのかははっきりしないが、とにかく全コーナーをドリフトで駆け抜け、本番クラスより面白かったのが記憶に残っている。

※8月24日追記
もうちょっと詳しい情報がわかった。当時(2000年12月)に『Web CG』で私が書いたレポートを一部引用する。
『1回戦では一番現役に近いビアシオンが敗れ去り、セミファイナルではサロネンとシードのブロンクビスト、ミッコラとシードのワルデガルドが当たる。そしてファイナルでは、古くはサーブ、記憶に新しいところでは日産パルサーGTI-Rで活躍したブロンクビストと、長年トヨタの顔として活躍したワルデガルドが当たる展開となった。そのファイナルでは、「今日はとても楽しく、そしていい走りができた」と語っていたブロンクビストが、ドライビングミスのあったワルデガルドを退け優勝を飾った』
 ということだ。ちなみにフォードエスコートを使ったのは、1回戦とセミファイナルだった。競技はトーナメント方式(勝ち抜き戦)だ。