読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある一日……

月に一回の精神科の受診の日。午前9時30分に病院に行くと、もうかなりの人が集まっている。うつ病の人が増えているというが、ここに来ると確かにそうだなと感じる。今回突然辞任した安部晋三氏も結局は、実はうつ病なのかもしれない。かといって首相の責務を投げ出してしまうのはどうかと思うが……。

受診自体はほんの数分だ。通院し始めたころの気分の落ち込みは大分改善されてきている。ただ、現在はちょっと症状が変わり、けっこう細かいことが気になって困ることがある。一番大きいのは公衆トイレが嫌なこと。自宅では問題ないのだが、それ以外ではなかなか用を足せなかったりする。現代社会では、こういう症状の人も多いようだ。

医師にそのことを告げると、薬を増やせば症状がやわらぐ可能性があるが、それはあまりすすめられないとのこと。私も薬に頼ることはしたくない。ここで意見が一致し、そのまま様子を見ることになった。薬をむやみに進めないということでは、良い医師なのだろうと思う。しばらくすれば、また症状が変わってくる可能性もある。

自宅に帰ってきてからは、安部氏辞任関連や、次の組閣関係のニュースを見たりしながら、今年中に書かなければいけない単行本の資料整理や、役に立ちそうな本の購入をアマゾンで行う。あとはとりあえず手元にある資料読み。自動車メーカーのホームページもチェックする。ただ、原稿に取り掛かれないのがもどかしい。

夕方にはウェイワードファクトリーに電話をして、ツクバ1000の走行会の参加の話とスターレットにETCを取り付けることの相談をする。

夕食後しばらくしてから軽く30分くらいランニングをする。これも以前は毎日のようにしていたのだが、ここのところは飛び飛びになってしまった。泊まり取材が続いたりすると、どうしてもペースがくるってしまう。

今回は、一応正統派? 日記風のブログを書いてみました(笑)