読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況報告

日常

2月から出版社に就職したため、フリーライターではなくなってしまった。11年ぶりのサラリーマンだ。昨年は、基金訓練に通って、あらためてビジネスマナーやらパソコンやらの勉強をしてきたわけだが、受講期間終了後、ほとんど間をおかずに就職できたのは運が良かった。

もっとも私もこんなにあっさりと行き場が決まるとは思っていなかったわけで、別の道も模索していた。ひとつは基金訓練の実践演習コースで日本語教師のコースに通うこと。基金訓練のカリキュラムに組み込まれたキャリアカウンセリングで、カウンセラーと話したところ、日本語教師の資格を取り、ライター業と平行してやっていくのが良いのではないか、というアドバイスをもらった。私もすっかりその気になっていたのだが、訓練校に面接であっさり落ちてしまった。

次に考えたのが、いずれにしろ出版には関わって行くのだからと、DTPソフトの勉強ができる訓練校を探した。ちょうどそのタイミングでハローワークからアプローチした会社から連絡があり、採用が決まった。記者として就職したのだが、レイアウトも自分でやらなければいけなかったりして、取材記事を書くより、そちらのオペレーションを覚えるのでせいいっぱいに近かったのだが、まあ、なんとかなりそうな雰囲気なので、ブログもちょこちょこと更新できたらなあ、と思っている。ねたもそれなりに増えてきたし。

あとは、基金訓練をテーマにした単行本を書く予定。